東洋インキ
COLOR FINDER(色見本帖) (2005年)

クライアント:東洋インキ製造株式会社

東洋で始めて色見本帳を作った東洋インキの、100周年事業による、色見本帖30年ぶりのリニューアルデザインです。

東洋インキ唯一のお客様との接点である商品という事で、多くの方が使いやすい様ユニバーサルデザインの視点から、使いやすさを新たに考え、色見本帖を見る、という行為・仕組み自体から考えたデザインです。

全て片手で使用出来る仕組みをイメージし、箱は様々な環境に合わせて角度を変えて使用可能です。短冊も取り出しやすく、収納に便利であり、見本帳がグチャグチャにならない様配慮しました。

中の短冊は、0~4番と考え、表紙の色には、色の大元の色をそれぞれにイメージ・説明出来る内容とした、仕組みから考え、一つ一つの存在意義と合わせたデザインを行なってゆきました。中ページのチップ数は多くなりながらも、文字も大きくデザインし、読み易い書体、文字間、行間を最大限に意識し、使いやすさへの配慮を細部にまで施しました。

従来配合表であった短冊を0番とする事で、色の原理も入れ、色も入れたわかり易いデザインとしました。

短冊を留めるネジ等にも拘り、色の基準・東洋インキの真の軸、として堂々としたデザインとなっています。

インキに対する概念の新たな構築にも、それまでの長い年月携わってきた高橋らしい、クライアント、そして使い手の立場を想った、真面目なデザインとなっています。

また、雑誌広告等のデザインにも携わっています。

◎COLOR FINDER(カラーファインダー)は、東洋インキのHPからご購入する事が可能です(ご購入の方には、色覚UD・ユニバーサルデザインツールColor Finder for UDを無償にて配布中です)。

画像
PAGE TOP